東日本大震災支援活動レポート(2)
5月12日 ユナイトボート 発
会津、仙台、女川、石巻仮設住宅建設地訪問。全立寄地25カ所の内6カ所に当社物資をお届けいたしました。
5月13日 避難所立寄り(南三陸町)志津川高校
現地企業の仲介でボード利用のニーズ有り、避難所となっており自衛隊の隊員は黙々と荷下しをしてくれました。
支援物資:ボード50枚、カッター10個、替刃1個、テープ1個

5月13日 避難所立寄り(大船渡市)福祉の里センター
ゲリラ的に訪問し、物資の説明し確認後必要であることがわかりました。
支援物資:ボード20枚、カッター5個、テープ6個

5月14日 日本ユニバ震災対策チーム・山田町ベース(山田町)

目的地の一つ、日本ユニバ山田町ベース。現地責任者の米良さんに引き渡しをしました。
支援物資:ボード150枚、カッター7個

5月14日 避難所立寄り(陸前高田市)高田市立第一中学校

物資確認後、間仕切は設置したばかりでしたが、素材に興味が有り下駄箱など工作して使用するようでした。
支援物資:ボード30枚、カッター10個

5月15日 避難所立寄り(北上町) にっこりサンパーク

日本ユニバ米良氏仲介で物資大量要望有り、間仕切など多用途に使いたいとのことでした。
支援物資:ボード322枚、カッター10個、替刃1個

5月15日 倉庫立寄り(石巻市) ピースボート石巻拠点

宮城県災害ボランティアセンター仲介。畳と間違えていたが、結果的に敷物として使用可であるし、間仕切にも使えるため歓迎されました。物資は、ボランティアにとっては被災者宛の贈り物であり、自からが使うことができない!とのこと。ボランティアも過酷な生活環境におかれており、当社物資に付いては自由に使ってもらうよう伝えました。
支援物資:ボード288枚、カッター1個、テープ1個

5月15日 ユナイトボード 着

全走行距離1723km
支援物資総数:ボード800枚、カッター43個、テープ8個、替刃2個